JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 初秋の名栗へ

<<   作成日時 : 2010/09/26 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ数日急に涼しくなりすっかり秋めいてきました。

特に朝晩は涼しいというよりも寒いという表現が合うような気候。
ほんの2週間位前までの暑さが嘘のよう。
天気も雨が降ったり風が強かったりではっきりせず、また今週も不安定な天気の日が多いみたいである。
そんな日が多い中で今日は珍しく朝から晴天の予報。
昨晩から、“明朝は何所か行ってやろう!”などと企てていた。
一応、時計のアラームは午前5時にセットしておいたのだが、そこは早起きの得意でない自分、予定変更で二度寝という事も有のつもりで休んだ(笑)

予定通り午前5時にアラームが鳴る。
パッと目は覚めたのだがやはり眠い。
やはり“あと5分だけ!”という気持ちが起こってしまったのだが、あす以降は天気が悪そうで出掛けるなら今日(今朝)だけと考えるとその10分後位に何とか布団から出る事が出来た。
外はようやく少しづつ陽が差し始めた感じで、かなり寒い。
まだ眠い目を擦りながら身支度をする。
下はパッド付きパンツ+タイツ+七分丈のパンツ、上は半袖ジャージ+長袖Tシャツという出で立ち。
身支度をしながら今朝の行き先を考え、名栗方面、そう『有間ダム(名栗湖)』へ行ってみようと思った。
例によって地図も持たずの散歩なので、判りやすい所しか行けないので(笑)

午前6時、自宅を出て飯能方面へ。
日曜日の早朝なので道路に車は少なく走り易い。
程なく飯能市内へ入り、街中へ。
市立図書館・飯能河原を左手に見ながら県道70号線へ。
そしてこの辺りから急に山々が近くなる。
と同時に、時間は経っているのだが外気温は確実に低くなっている。
もう一枚着てくれば良かった・・・・などと考えながらひたすら走る。

やがて原市場、名栗などという地名が書かれた看板が目に付くようになる。
そしてさらに辺りは山々に覆われ道路左側を流れる名栗川の清流も際立ってくる。
走りながら自分の『ALFA164Q4』を思い出す。
コーナーでシフトダウン、シフトアップを繰り返して、そのボディーの動き、エンジンの吹け上がり、排気・吸気音を楽しんで。
その『異音』にビビって!(笑)
思えばこの道ずーっと四輪で走ってばかりだったので、“こんな風に曲がっていたんだなぁ・・・・”とか“以外にここからここまでって距離あるんだぁ・・・”なんて、新しい発見が多い。
後で判った(考えてみれば当然、山間部へ行く)のだが、目的地まではずーっと登り。
勾配こそ大した事ないのだが終わる事のない登り、それが自分みたいなヘタレにはボディーブローのように効くのである。
こちらがオッチラ、オッチラ20km/h少し超える位の速度で走っている横を、サーっと軽々追い越して行く自転車乗りの方を見ると、つくづく自身の体力の無さと年齢を感じざる終えない。
そんな時、負け惜しみに『な〜に、こっちはのんびりと、風景・景色を楽しんでるんだー。。』なんて思う自分が悲しい。。

つまらない事考え、美味い空気吸いながら走るとやがて交差点に『有間ダム』の標識。
“おーっ、案外近いじゃねーか!”などと余裕をかまして
信号待ちして左折するとすぐに急勾配が待っている。
いきなり“これはヤバい!!”の判断で、左に折れて『さわらびの湯』駐車場方向へ逃げる。
そこで少しばかりの休憩(思えばここまでノンストップであった。。)と状況把握。
そして、直後にダムまでの短い(が、結構急な坂)登り坂に挑んだ。
ギアチェンジして挑んだその坂。
わずか数十メートル進んだ所であえなく降参。
おまけに、ここで初めての『立ちゴケ』を経験する事も出来た。
登りきれなくなって速度が落ちて、
“あれ・・・?何か、登れないんじゃ??”
ってなってクリ―ト外そうとしてもがいたんだけど・・・オイっ、外れねーー!!
って事で、見事、道路左側へ車体と共に倒れました。
その瞬間、まさにスローモーションで。
“おーっ倒れる〜っ”ってのが笑っちゃうほど判りました。
ダメージは幸い、昨日の雨に濡れた落ち葉があったので身体は無傷だったのだが、買ったばかりのペダルとリアのクイックレバーが傷だらけになったんだけど
まあ、不幸中の幸いかな?と。。

一度足着いちゃえばこっちのモノ、
(誰も見てねーし)その後、押したり乗ったりして目的地まで。

画像


画像


ダムの周りを少し

画像


紅葉にはまだ早いけど、この時間だと人も少なくて良い感じである

画像


古くからの材木(西川材)の産地であるので
その材木を使ってのカヌーも有名

画像


画像


最後に自転車の写真を撮って帰路へ。

帰りは殆どが緩い下りである。
往路、あまり見掛けなかった自転車乗りの人達を後目に行きにヘロヘロになった道を悠々と走る。
この瞬間、というかこう云うのが最高に気持ち良い!
途中、299号で幅寄せしやがった紺色のしょぼいセダンには腹が立ったけどじっと我慢。
時間的にも行きの半分位で無事帰宅できた。
店の開店時間30分前、8時30分。

当然、仕事にはさしつかえ無し。
少し早起きだったので午後から少し睡魔に襲われたのだが、心地良い疲労感。
こんな日曜日の早朝も良くないですか?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
初秋の名栗へ JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる