JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 色々乗るようになって思う事

<<   作成日時 : 2009/06/30 13:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

頻繁に書くのだが、ここ数ヶ月よく自転車に乗るようになった。
子供の頃何気なく乗っていた自転車。
何処に行くのも自転車なしなんて考えられなかった。
風を切って走る。
そうすると、当り前なんだけど忘れていた感覚が甦るような・・・。
普段車じゃ絶対に通らない(通れない)ような所を走ったり、子供の頃遊んだお寺の境内やその裏手の雑木林。
懐かしさと同時に大人の目で見る新しい発見があったり。
自転車には、そんな魅力がある様な気がする。

こんな風に楽しい事も多いのだが、走っていて時々危ない目にも遭う。
あまり車の通りの多いところは走りたくないので、サイクリングロードに行ってしまう事が多いのだが、いつもそればかりとは限らない。
ちょっとした買い物や、用足しにも出かけるので住宅街、商店街狭い道も通る。
そんな場所では車以外に自転車、歩行者も多いのであまり速度を上げずに走る。
人や車の飛び出しなんかも考えられるので、いつでもすぐに対応出来るようにである。
此方が気をつけていればほとんどの場合は対応出来るのだが、時々
「何で??」って思う事がある。

車の自転車に対する対応である。
散々、アルファロメオだなんだって車の事ばかり書いてる人間が言うのも変かもしれないけど。
例えば此方が直進、車が脇道から出てこようとする場面。
勿論、距離や速度の関係はあるのだが、結構高い確率で出てくる車がある。
自転車をやり過ごしてから出てくれば、明らかに此方も要らぬブレーキを掛けずに済むし車も要らぬ注意を向けなくて済むと思うのである。
“まさかこのタイミングで出てこないだろう”と思っていると出てくる。
此方が自転車だからとナメているとしか思えない感じである。
今回自転車の場合を書いたのだが、オートバイなんかの二輪車にも言える事だと思う。
特にオートバイの場合は以外に速度が速く、遠くに見えても実際あっという間に接近してしまう。
車から見ると小さいし、ドライバーは大丈夫だろうと思って出てくるのだろうが、一時停止をした車がモタモタ出てくる間にオートバイ急接近。ヤバイって思えば急ブレーキ。
止まれれば良いのだが、タイミングによっては事故になってしまう。
実際、こういった事故も多いんじゃないかと思う。
無理して出てこなくても、一台やり過ごせばその後は車もオートバイも自転車も来ないって事が結構ある。
何故、先が見れないんだろうと常々思う。

この話は強者の車対弱者の二輪車(含自転車)であるが、強者の自転車対弱者の歩行者という場合もある。
取引先関係の知り合いの話なのだが一昨年の事。
その人の母親(90歳代)が歩行中歩道を走ってきた自転車と接触。
転倒して頭部を強打、病院に搬送されたが結局亡くなってしまったと言う事故があった。
どういった状況だったのか詳しくは知らないのだが、高齢の年寄りではあったが足腰も達者で、決してふらふらしていたと言う事ではない。
毎日の日課の散歩中の出来事だったらしい。
元気で出かけていった母親(おばあちゃん)が・・・何で?って。
突然の出来事でご家族は呆然としてしまったという。
最近よく聞く、歩行者と自転車の悲惨な接触事故である。
確かに自分が歩行者として歩いていても、歩道をかなりのスピードで走り抜ける自転車乗りを見かけることも多い。
我者顔で「オラオラ、どけよ〜!!」みたいに。
中にはベルを鳴らす不届き者も存在する。
そういう奴を見ると「この馬鹿野郎!!」(後からじゃなきゃ、ラリアットを喰らわしてやりたい!)
チリンチリンじゃなくて「すみません、通ります。(通らせてください)」だろっ!ていつも思う。
自転車の走り方にもルール(法規)があるが(知っている人がどれだけいるか?)、それ以前に万が一歩行者とぶっかったらどういう事になるのか?を考えるべきだと思う。
接触事故をおこしてからでは遅い。

車・オートバイの運転には一応ライセンスという物が必要である。
ライセンス取得に交通規則やその運転方法なんかを学ぶ必要がある訳でそれ自体現実は決して完璧じゃないと思うけど自転車のそれにはまったく必要が無い。
これは自分自身の話で、他は知らないのだが、
小学校入学する頃には自転車買ってもらって、乗れるようになって・・・普通である。
ところがこの後、その自転車に乗れるようになってから、交通社会での車やオートバイとの関係、そして歩行者との関係、自転車がどういう存在なのか?っていう事をまったく学ばないで大人になっている人が多いんじゃないかなぁ?と。
歩行者>自転車>二輪(オートバイ)>車(四輪)って、簡単だけど本当、大前提。
仮に歩行者が突然飛び出しても他全部悪いになるから。。

自転車乗るのに免許?って考えると何か重すぎて、自転車の手軽さ・軽快さっていうものが無くなっちゃうと思うのでそこまではって思うけど、少し子供が初めて自転車に接する時期に何か教えてあげる事があるんじゃないかなぁと。。


自分も車好きでよくドライブもするし最近は自転車も乗るし、勿論歩行者として歩く。
車に乗ってればオートバイや自転車は邪魔だし、歩いてれば自転車危ないし。。
違った立場から見ると改めて気がつく事も多いものである。
車も自転車も趣味であり実用であり・・・どちらも自分には大切なもの。
自分自身は勿論だが極力家族、他人様に迷惑を掛けたり、嫌な思いをさせる事のないように楽しみたいなぁと思う。
特に自転車に関しては素人。
書いた事は多分まったく当り前の事なのだろうが、最近違った乗り物に乗るようになってちょっとこんな風に思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
色々乗るようになって思う事 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる