JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌な話だ。

<<   作成日時 : 2009/02/08 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日の事なのだが
夕方、店に男性が来店。
商売やっているので普通にお客さんかと思い出て行くと・・・

見たことの無い人で、何となく目つきが鋭い。
TVドラマでやるように、手帳をパッと開いて見せる。
地元警察の刑事さんだった。

その感じから普通にお客として来たんじゃないことは当然なのだが
早速話を聞くと、前日の夕方近所で交通事故があったそうだ。
それも轢き逃げ。
本当、近くで我家から200m位の場所で被害者は子供で小学校1年生の男の子。
なんと、次女の同級生らしい。
自転車で歩道を走行中バランスを崩し、車道へ出てしまったようで、そこに大型トラックが通り接触、足を轢かれて大怪我をしたという。
そしてそのトラックは子供をそのままにして逃走。
我家の前の道路が逃走経路らしく
警察ではその時刻の不審車輌の目撃情報の収集や防犯カメラの設置情報などを聞き込みに回っているみたいだった。

事故の時間を聞くと確かその時間に警察車輌がハイビーム、赤色灯点けてマイクで叫びながら我家の前を通ったのを思い出した。
母親も偶然その騒ぎを聞いて「救急車がその辺で止まった感じ・・・」なんて言っていた。
後で考えるとどうやらその時のようだ。
刑事さんに被害者の子供の様子を聞くと、幸い命は取りとめたみたいだけど、最悪足切断、良くても障害が残るだろうと。凄く残念で悲しい事故。

轢いて逃げた車が一番悪いのは判るけど『どうして?』って、いつも思う。
どうして逃げるのか?って。
これは新聞やTVニュースなんかでも報道されていたのだが、つい2週間位前にもやはり近所で死亡轢き逃げ事故があった。早朝、新聞配達の老人がトラックに轢かれ亡くなってしまった。そして犯人はそのまま逃走したというもの。
結局、目撃情報からその日のうちに容疑者が割りだされ、事故の数日後に犯人は検挙された。
大体そんなもので、轢き逃げって殆ど必ず後で捕まるのに。。
よく、逃げた理由で「恐くなって逃げた!」なんて言っているヤツが多いが、自分だったら逃げる方がよほど恐い。
そしてもう一つの『どうして?』が、
どうしてそんな小さな子供を一人で自転車に乗せるんだろう?
どうも親が一緒じゃなかったみたいだけど。
他人様の家庭の事はわからないけど、我家じゃ絶対に考えられない事。
少し過保護かもしれないけど、後で後悔したくないし。

こういう交通事故って世の中では毎日、何件も起きているんだろうけど・・・
身近で起こった特に子供絡みの事故って嫌だよね。
当日の事思い出しても何も浮かばないし何も出来ない。
せめて一日も早い犯人の検挙と
何よりも一日も早い子供の怪我の回復を祈りたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
JOEさんこんにちは。
嫌な事件ですねぇ、事故は起こそうとして起こすものじゃないですが、起こってしまったならキチンと対処するのがドライバーとしての責任だと思います。
逃げなければ悲しい事故なので逃げれば事件になってしまう。
事故は人事ではないので私も気をつけねば。
こ〜んず
2009/02/09 14:06
こ〜んずさん、こんばんは。

おっしゃるとおり、本文にも書きましたが『逃げる』っていうのが一番が問題ですよね。
交通事故(人身事故)の場合、生命に関わる事ありますし。
逃げて加害者生きて、置き去りの被害者亡くなって・・・
そんなのあり得ませんからね。
JOE
2009/02/09 22:49
嫌な話だ。 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる