JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS これで大体終わり。

<<   作成日時 : 2008/10/24 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ここ一ヶ月くらいコソコソ弄っているホイールの話の続きです。

前回は地元タイヤショップで交換して左後輪のヘリサート(リコイル)部分に不具合を生じ、板橋のクイックさんで補修をしてもらった事まで書きました。
その補修の時に工場で指摘された事があったのです。
ホイールボルトの事なんです。

私が用意したホイールボルトはアルファロメオ純正品で156あたりに使用する物だったのです。
恥ずかしい話を生し返すようなのですが、以前、最初にヘマしたのは、ホイール自体に刻印も無く、古いものなので資料も無しという状態の中、ホイールのサイズ・構造・形状の違い(オフセットの違いなど)をろくに考えずに「似たような形だし、多分、大丈夫だろう。」っていう軽い考えで164純正のボルトを使ってしまった事が原因でした。
164Q4純正ホイールのオフセットは32、対するO.Z.MONZAは手元の情報だと29(もしかすると27位か?)
実際、二つを観察するとボルト穴にボルトが入って行って止まる位置が全く違います。
Q4純正は手前でO.Z.MONZAはかなり奥側で止まります。
そこへ長い164純正ボルトをおまけに幾分斜めに突っ込んでしまったのですから・・・そりゃぁ壊れますよね(笑)
そんなくだらない失敗を元に今回は短いボルトを用意して装着した訳です。
164用と156用とでどの位差があるかというと下の写真で一目瞭然です。

画像


首下の長さがまったく違います。
今回は一応、この156用を装着状態でクイックさんに入庫した訳なんですが、どうも今度はそのボルトが短いんじゃないかと・・・
ボルトを締め付けるときちんとトルクは掛かって止まるのですが。。
締め付けたボルトを抜いて確認すると

画像


確かにヤバイ状態です。
ネジ山黒く汚れた部分が実際噛んでいる部分ですが、4山か5山程度。
ピッチ1,25の計算からすると5mm〜6mm位という事になります。
工場の石井さんに話を聞くと「まぁ、しっかりトルク掛かってるし、大丈夫だと思いますけど・・・」と。
ただ「出来れば長いものに換えた方が安心ですね」とも。
では実際にはどの位噛んでいれば良いのかと言うと、ボルトの直径位、つまりこの場合は12mm位が推奨というか、良いみたいです。
そんな話を聞いて、実物を目の当たりにするとやけに気になってしまうのが人情というもので。。(笑)
タイヤが自車を追い越して転がっていったなんて話も聞きますし
走行中も“タイヤ(ホイール)外れないだろうか?”とか“外れたらどんな動きになるんだろう?”とか考えちゃって(笑)
乗る度にそんなつまらない事考えて走っても楽しくない、気持ち良くないです。
そんなの考えるまでもないのですが
結局、後日ホイールボルト一式お願いしました。

数日後に入荷の連絡があって、先日ボルト交換にお邪魔してきました。
入手したボルトなんですが、サイズが特殊で少し加工(カット)してもらった為に多少割高にはなってしまいました。
割高と言っても純正プラスα程度で1本5,000円位もするフェラーリ用なんかと比べれば可愛いものですし強度も純正以上との事。
第一、安心には換えられませんからね。

画像


上の写真が2品の比較です。
新しいものは約5mm程ネジ部分が長くなっています。
これで実質10mm位は噛む事になります。
まぁ、これで大丈夫でしょう。
ホイールの件では色々ありました。
初めに自分でいい加減な事やって、ずいぶん遠回りをしましたが何とか完成です。
装着した状態を見てつくづく思うんですけど、純正ホイールとどこが違うの?って(笑)
不思議なもので、見慣れちゃうと本当判らないものです。
まぁ、アルファ164乗ってる事自体がある意味自己満足の世界ですから良いですよね、こんな事も。

画像


ふと考えてみると164Q4が我家に来てから早5年。
その前のSuperから数えるとアルファ164との付き合いも十数年になります。
トラブルも多くありましたがそれ以上に楽しかった出来事や良い友人との出会いが沢山ありました。
何かこんな事書くと164降りるみたいですけど、まだまだ乗り続けるつもりです。
ホイール交換、今回のO.Z.MONZAは自分にとってのひと区切り。
これからはQ4に何かを取り付けるとかそういった事は・・・あまり無いと思います(本当か?・笑)
それよりも良い状態で維持してゆく事が今まで以上に大変になってくると思いますし・・・
あれもこれもやらなきゃならない事沢山ありますからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてお邪魔させていただきます。
少しずつ164について勉強させていただいております。
それにしても、ホイール一つでもいろいろあるものなんですね。勉強になりました。
きゃつお
2008/10/24 21:51
私も初めてお邪魔させていただきます。
蓼科では北方○土のステッカーはホントにいつも貼ってあるんだ〜と後ろ走りながら思ってました。
僕も車検のときにタイヤ山のある156のホイールごと借りてきて付けて行こうと思ったんですが、164のボルトが長くてグラグラになりました。
kouichi
2008/10/25 00:43
きゃつおさん、こんばんは。
箱根以来ですかね?

>勉強になりました。
いや〜・・・お恥ずかしい次第です。
知識無いのであまり自分じゃ弄らないんですけど、時々弄って失敗します。
それで今まで何度失敗したか。。
でも懲りないんですよね。
164好きなんで(笑)
JOE
2008/10/25 21:23
kouichiさん、こんばんは。
こんな稚拙なBlogにご訪問ありがとうございます。
クラブランではお世話になりました。
前後、走らせていただいて“この人、速いんだろーなぁ、乗り慣れてるなぁ・・・”って思ってました。
後で、全国飛び回ってるって話聞いて納得しました(笑)

>北方○土のステッカー
お褒めいただきましてありがとうございます。
先輩の力作ですので(笑)
また次回クラブランでは付けて行きますヨ♪

>156のホイールごと借りてきて付けて行こうと思ったんですが、164のボルトが長くてグラグラ・・・
やはりそうですか〜付かないですよね。
私、それ、斜めにねじ込んじゃうんですからネ。
我ながら呆れちゃいます(笑)

こんな感じであまり面白くも無いでBlogですけど、宜しかったら時々覗いてみてください。
どうぞよろしくお願い致します。
JOE
2008/10/25 21:44
>面白くも無いでBlog

そんな事ありません、楽しく読んでいます。
私もボルトでは過去に痛い目みています(苦笑)
こ〜んず
2008/10/26 14:59
デザイン的なものはパッと見た目では判別付きかねますが、オフセットの違いはボルトの頭の見え加減で明らかに違いが判りますね。今度からはボルトホールを磨くのも楽そうですね(笑)
あと、ピアスボルトが純正のイミテーションだと経年劣化でプラスチックが溶けて周辺が白っぽく汚れてしまいますが、その心配が無いのも良いですね。
(≧∇≦)b
yossuie
2008/10/26 23:17
こ〜んずさん、こんにちは。

>そんな事ありません、楽しく読んでいます。
こ〜んずさんだけですよ〜、そんな事言ってくれるのはー(笑)
最近では510さんの所も車弄り(地獄巡りって言うんですか)少なくなってちょっと寂しい限りですので到底真似は出来ませんけど、私なりの体験(自爆とも言います)をこれからも書いて行くつもりです。
今後共よろしく♪
JOE
2008/10/27 12:53
yossuieさん、こんにちは。

>ピアスボルトが純正のイミテーションだと経年劣化でプラスチックが溶けて周辺が白っぽく汚れて・・・
あー・・確かに白っぽくなっちゃいますよね。
うちのは白っぽくなってないですけど、赤っぽく(錆)が。。
まあ、どっちもどっちですかね(笑)
JOE
2008/10/27 12:57
ちなみに、僕のQVにQ4純正を組み付けた際に特に何も気にせずにQVについてたボルトで締めてしまいました。
ちゃんとトルクも掛かってるし、タイヤも転がるし、タイヤ交換でも何も言われた事ないので大丈夫だとは思いますが、今になって不安になって来ました(笑)
yossuie
2008/10/27 18:42
>yossuieさん
QV・Q4は・・・多分、大丈夫でしょう(笑)
人柱いっぱいいるし、どちらも164純正ですし。
私も以前Superに平気で付けてましたけど、問題無かったです。

問題あるとすれば社外ホイールでしょうね。
過去ならいざ知らず、今日日164ですから・・・。
他人様に聞きたくても、今となっては。。
でも折角QV用・Q4用両方お持ちなら一度確認してみるのも良いかも知れませんね。
自分の目で確かめられれば一番安心ですからね。
JOE
2008/10/27 22:53
これで大体終わり。 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる