JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 整備記録簿の見直し

<<   作成日時 : 2007/03/24 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さて、164のアキュームレーター付近からのオイル漏れ。
ちょっと覗いた限りでは素人補修は不可能な感じ。
当然、修理に出すわけですがその前に。
タイトルが大袈裟ですが、要は以前修理した箇所を思い出してみただけです。

2004年8月、ちょうど購入後初めての車検時にかなり大掛りな整備をしたことがあります。この時の整備は・・・ちょっと普通(一般的な車検整備)では考えられない位あちこちやりました。ある意味、素性の判らない中古車ですので、この機会にと思ってやったのです。

フロント・リアドライブシャフトOH、オイルクーラーホース交換、ブレーキマスター/サーボ交換、クラッチマスター交換・・・細かく書くと限がありません。
その大掛りな整備の一つにビスコマティック関連の整備もありました。
確かその時にも微量のオイル漏れが見つかり、そのホースやパイプなどを交換しました。
記録を見ると、5種類のホース&パイプの交換をしています。

内訳は、

画像


No.60595859とNo.60595860

画像


No.60595858

画像


No.60605589とNo.60595857

さらにその後、

画像


このアキュームレーターに付属するオイルフィルターも交換しています。

1・2・3番目の図の交換作業をする為には、リアサスペンションassy、プロペラシャフトassy、ガソリンタンクassy等かなりの部品を脱着する必要があり、その為作業時間、工賃ともにかなりかかった記憶があります。

この交換作業の中で一つ気になった事がありまして・・・
それが3番目の図のグリーンの丸印のパーツ。
他パーツ交換時に工場から、”どうしても入らない欠品パーツがあるのでそこは既存パーツをそのまま使います”と言っており、私もその時に詳しく確認すればよかったのですが、ついそのままにしてしまいました。

どうも今回この辺りも怪しいような・・・

前回整備した工場『G』は閉店してしまっているので聞きようがありません。
まぁ何れにしても今後の修理の時の参考にはなるかと思います。

・・・なぁ〜んて、書いてますが、いつもの事なんですけど基本は、

壊れる前に点検!で、壊れたら治す!ですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
JOEさんこんばんは。
>壊れる前に点検!で、壊れたら治す!
まさに至言ですね。
まめなチェックを欠かさないようにしていれば、大事に至る前になんとかなるもんだと私も学びました。
その点検の手間がかけられるかどうかが、イタフラ車の好き嫌いの分かれ目でしょうか。

>欠品パーツ
まあ、仕方の無い事なんでしょうが、厄介ですよね。
うちも正規流通は欠品で、現地の部品屋さんの在庫をあてにしないと手に入らないものがちらほら出始めています。いや、空恐ろしい話です。

なにはともあれ、オイル漏れが無事に治ると良いですね。
NM
2007/03/26 00:00
いやー、膨大な整備記録の一端を垣間見せられ、その忍耐力の強さに感服すると共に同じ164オーナーとして行く末に一抹の不安を覚えました・・・。JOEさんと比べたらウチの164の故障なんて子供が転んで擦り剥いた様なもの。赤チンかバンドエイドで直ります(笑)。先日何気なしにボンネットの中を眺めてたらATクーラーコアのパイプ周りにジンワリとオイル滲みが出来ているのを発見した時はBLUEになりましたが。。気長にコツコツと労わって行くしかないですなぁー、164君は。。┐(´∀`)┌
yossuie
2007/03/26 01:57
NMさんこんばんは。
変な車乗っていますと、自然に(良く言えば)敏感になりますよね(笑)
多分NMさんも同じだと思いますが、乗ってみて普段と違う感触があるとすぐ判ると思うんですよね。実際、その違う感触をそのまま放置すると・・・必ず壊れますし。。
まぁ、私が手間かけられるのは、暇があるからというのも事実ですが(笑)

パーツは本当に困りますよね。
「えっ、こんなパーツがもう無いの・・・?」っていう事も多いですし。
大体必要な時(壊れた時に)手に入らないのが普通ですから、私自身、時間がある時にネットオークションなど覗いてみて、使えそうな物を探したりしています。見つからない事が多いんですが、時には凄く貴重なパーツにめぐり会えたりする事も・・・
こんなのも楽しみ方の一つでしょうかね。
JOE
2007/03/26 22:31
yossuieさんこんばんは。

>膨大な整備記録の一端を垣間見せられ・・・

知らない(気がつかない)間に、やっちゃいました(笑)
164O.Cの中で164乗りは『過去の整備・修理金額を合計してはいけない』という文言があったような気がします。
確かに計算・合計すると恐ろしい事になりますし・・・
でも時々、怖いもの見たさで整備記録を見ちゃったりすると泣笑い状態です。

>気長にコツコツと労わって行くしかないですなぁー、164君は。。┐(´∀`)┌

そうですね。
お互い好きで乗っているので、それが一番でしょうね。
一気に全部やったら大変な事になっちゃいますから(笑)
JOE
2007/03/26 22:44
145@監督曰く、「ビスコの配管はEARL'Sで引き直すぐらいの根性がいるな」とのことです。
流体配管は部分的に修理すると、ほかに影響が出やすいですよね。
もし、交換していなかった部品が痛んでいたのなら、修理完了まであと一歩といったところでしょうか?

ところで、うちのファミリーカーが履いていたスタッドレスに釘が刺さっていました。抜いたら、しゅうぅぅぅ(^_^ゞ
ペペロン
2007/03/26 23:49
ペペロンさんこんばんは。
>流体配管は部分的に修理すると、ほかに影響が出やすいですよね。

おっしゃるとおりですね。
オイル、クーラントなどみんなそうですよね。
ウチのはこの間クーラントの漏れを直したんですが、未だにまだ何処からか甘〜い匂いがします(笑)
ビスコの配管については、どうしても入手困難ならば最悪造っちゃおうと思っています。

>スタッドレスに釘が・・・
あらあら。
エアー抜けないと結構気がつかない事も多いですよね。
でも出先なんかで抜けなくて良かったですね。
JOE
2007/03/27 22:31
整備記録簿の見直し JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる