JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 助けてもらったよ

<<   作成日時 : 2012/05/25 14:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アルファディで久しぶりに遠乗りをした我が164。
走行中も特に異常もなく無事に帰宅出来た・・・つもりだった。

その数日後
店に来店された御客様を近所までお送りした時の事だ。

日中、日差しも強く車内も幾分蒸し暑い。
それじゃぁ、エアコンをと思ってスイッチをオンにした。
普通ならスイッチ・オンと同時に暑い風が吹き出すはずの送風口からは何も出ない。
送風のファンが全く動いていないのだ。
何度か試したのだが状態に変化は無し。
帰宅後、早速自分で出来る事、せいぜいヒューズボックスのエアコン関係のヒューズを確認する位なのだが点検を行った。
しかしヒューズは無事だし・・・・何がおかしいのか全く打つ手なしである。
季節は夏に向かって日に日に気温が高くなってきている。
夏前には入梅。
修理に出すにしても今結構忙しいし
8月には車検だし・・・。
この先の事を考えるともう面倒くさくて・・
この際、夏の間は乗るの止めようかなどと。

数日後に何気にfacebookに今の自分の状況を報告した。
つまり泣きを入れたのである。
すると有難い事にすぐに数名の人から親切なアドバイスをいただく事が出来たのだ。
どれも有益で、試してみる価値は充分。
エンジンルーム内のリレーの確認やクライメイトパネルの接続、接触不良を確認など個人的にも何とか出来そうな情報だ。
リレーの確認は、エアコン関係のリレーが見つからなかった事もあり断念したが、クライメイトパネルの方は実際に接続を確認してみた。

残念ながら原因は特定出来なかったが、この事によって良い意味で素人には手に負える藩中の故障でない事が確認出来た。
貴重な情報をくださった164OCの方々にはこの場で御礼申し上げます。

そんな事で以降ほとんど諦め状態。
修理には何時出そうか?などとおぼろげに考えていた時に164クラブの知人・先輩である裕一さんから一本の電話をいただいた。
裕一さんは最近164Q4を入手、自身で色々手を掛けて整備なさっている。
私の車のエアコントラブルに関する情報、164Q4の4駆警告灯の点灯に関する貴重な情報など、少しばかり長く164Q4を所有している私などが全く知らない事を自身で探求・解釈していらっしゃって、ここでもまた有益な話をお聞き出来た。
その場でエアコントラブルに関しての此方の状況をお話しすると、自身でまた探して原因究明していただけるという心強い言葉をいただいた。

以前から裕一さんの164、いや4輪2輪エンジンの付いた乗り物に関する造詣の深さはお会いした時に伺うお話などから存じてはいたのだが、クラブのイベントなどで御一緒させていただく事はあっても普段あまり接点が無かったので、こんな時に私などの為に御意見いただけるのがとても嬉しかった。

数日後に再度裕一さんから電話が。
ついにエアコントラブルの原因が判ったというのである。
裕一さん自身164クラブの友人のT島さんと電話で話していて判明したそうだ。
(T島さん、お電話をいただきましてありがとうございました!)
そして嬉しい事に電話で説明をして頂けただけでなく、雨の中何と我家までお越しいただいて丁寧に短い線を直結して動作確認までして下さった。

犯人はコイツだった。

画像


エンジンルーム内、ワイパー付け根部分にある樹脂カバーを外し運転席側、丁度前から見てパワステオイルのリザーブタンクの左側付近にあるパーツだ。
40Aと書かれたヒューズホルダーがありそれを開けた状態が上の写真だ。
今時珍しい、鉛ヒューズ(と言うのか?)で40A
左側の接点が黒く焦げて周りが熔解しているのが確認できる。

画像


さらに結線してある部分を外すと、熔けたであろうヒューズケースの残骸と断裂された40Aヒューズの残骸がボロボロと取れて落ちた。

さて原因が判ったからには修理だ。
裕一さんからまた後日自分が治しても良いよ!というお言葉をいただいたのだが、さすがにそこまで甘える訳には行かない。
修理に関する情報もいただけたので部材を揃えて後日挑戦(大袈裟か?)してみようと思っている。
作業の報告はまた後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
助けてもらったよ JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる