JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS フューエルポンプ交換

<<   作成日時 : 2011/07/30 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、微妙なタイミングで引き取られていった406。
原因が判明したとその日の午後にディーラーから連絡が入った。

エンジン始動不可で入庫した406は、レッカー車でディーラー到着直後に何事も無かった様にエンジン始動出来たという。
ただその後また始動不可状態になったらしい。
点火系・燃料系を当然調べたところ、結果はフューエルポンプの不調だった。
後部座席の下に位置するソイツは、気まぐれで時として作動したり、そしてまた不調になったりと言う事を繰り返していたようである。

不良個所の場所が場所だけにそのまま放置する訳には行かないのでパーツ交換である。
パーツ取り寄せや作業で数日掛かるような話であったのだが、意外と早く作業が終了し昨日、引き取ってきた。

フューエルポンプ自体もそこそこの値段するのであるが、工賃も良いお値段。
結局この部分だけで6万円程掛かってしまった。
また今回は本来の目的である12ヵ月点検(オイル交換等含)と不具合のあったM/Fスイッチ交換などがあったので大凡、日本車の安めの車検整備代金ほどというちょっと痛い出費であった。

考えてみると406も登録後8年経過で
そろそろ彼方此方不具合が多くなっても当然といえば当然の時期か。。
良い車で家人も気に入っているようなので、ATの故障でミッション積み替えなどという決定的な不具合が出なければ暫くは働いてもらうつもりである。

あっ、
今日修理見積に出した時計の見積書が届いた。
恐る恐る開封して確認すると・・・・

メンテナンス項目としてIPR技術料 内部点検として7,000円、送付手数料の1,000円と消費税の合計で8,400円とあった。
リューズが取れただけなので大した事ないだろうと思う反面、意外と大修理で大事かもと心配もしていたので取り敢えず一安心である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
フューエルポンプ交換 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる