JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今となっては無用の長物?

<<   作成日時 : 2010/11/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先日ちょっと触れた窓の事。
少し弄ってみた。

うちのALFA164は特に運転席側の窓の上がりが遅い。
降下(開ける)は当たり前に普通なのだが、上昇(閉める)方は途中で止まるんじゃないかと思う位である。
特に、最後の辺りが非常に苦しげで・・・
閉まりきる所ではバッテリーにかなりの電気的負荷が掛かるようで、その瞬間に電圧降下、場合によってはビスコマチックの異常警告灯の点灯を招く事もある。
警告灯の点灯もその理由が判っているので気にはしないようにしているのだが、コイツ一度点灯すると、イグニッション・オフにしてエンジン掛け直さないと消灯出来ないので面倒だし、窓、中々閉まらないし・・・何れにしても精神衛生上よろしくない。
年数も経っているし、恐らくパワーウィンドウレギュレーター(以下PWR)が弱ってきているんじゃないかという事は想像がつく。
となると、調整もしくは交換といった作業が頭を過る。
通常、こういった修理・調整は整備工場任せな場合が多いが、ALFA164のような古い車は結構自身で弄る人も多い。
非常に面倒臭いのだが、『時間はあるが金は無い!』と言う事で
早速、色々情報収集して弄ってみた。

まず、前回と同様ドアの内張りを外す。
そしてドア内部に張ってある、防水シートを剥がした状態がこれである。

画像


何箇所かサービスホールがあるのだが、ここから手を入れなきゃならないと思うと・・やっぱりという気持ちと止めりゃぁ良かったという気持ち半分。。
気を取り直して少し観察。
初めにガラスとPWRを固定しているネジを外す必要があるらしいのだが、その穴から構造をちょっと確認。

「あった。。」

画像


グリーンの丸印のやつがそのネジで見えないが反対側にもう一カ所。
このネジを外してガラスを窓枠上部に固定、その後PWR本体を外し取り出すという工程である。
手元には既に新品PWR(60549185)はスタンバイしている(笑)

画像


まず左側のネジ(グリーン丸印)を軽く緩める。
そして反対側。
同じ場所からはアクセス出来ないので、別の場所から。
あまり上手く力が掛からないのだが何とかアクセスしてネジを。
?固い!ネジ緩まず!!
固着しているようである。
何度かトライしたのだが、何やら無理をするとネジ山を舐めそうなので一時中止。
そしてここで、位置を変えるためにPWRを少し動かした。
すると気のせいなのか、その動きが何時に無くスムーズ。
何度か上下させるがやはり動きが良い感じがする。
『何で???』と思いながらも色々理由を考える。
弄った個所を考えると・・・
どうも内張りや防水シートを外した事が原因のようである。
さらに一番の理由は窓枠下部、内張りの上端に付いているガラス・ガイド(というのか判らないのだが、ガラスの動きを支える役目)を外す事によって、ガラスの上下にまったくストレスが掛からない状態になった事が考えられるのである。
下の図の赤丸印のパーツである。

画像


では何故、普通にパーツとして付いているそれがストレスになってしまっていたのか?
再度ガラスの動き方等々、色々観察すると
その理由が何となく判った。

画像


以前取り付けた『ウィンドウバイザー』こいつが原因なんじゃないかと。
本来、付いていないパーツである。
ALFA164はそのデザインの為に降雨時など窓を少し開けたりすると、天井から流れた雨水がザーッと室内に侵入してしまうのである。
そんな時は窓なんか開けなければ良いのだが、以前、喫煙する習慣があった自分には換気は必需であった。
その為に取り付けたパーツなのだが。。

ガラスの動き方を良く観察すると、確かにガラスがバイザーに接触し始めた所から急に動きが悪く(遅く)なるのが確認出来る。
バイザーが邪魔をして動きが渋くなっているのである。
上の写真を見ていただければ良く分かるのだが、サイドミラー付け根辺りに差し込んだバイザーの為に、ガラスとガラス・ガイドとのクリアランスが異常に狭くなってしまっている。
古い車に元々、精度のはっきりしないパーツを取り付けたのである。
無理は無いかもしれないが・・・。

画像


窓枠内部、ガラスが収まる部分にいくつかの金属製の金具が入っており、それがガラスを傷つけている事も以前から気がついていたので、今回の作業で如何にバイザーがストレスになっているのかがはっきり判った。

窓の動きの異常はPWRの経年劣化は当然ながらそれ以前に、(今となっては)余計なパーツを付けた故の弊害という事の様である。
ここまで作業したのでPWRを交換するのも一手なのだが、一方のネジも固着しているという事も鑑みて今回は作業中断した。
過去の苦い経験上、これ以上はヤバいなと直感したのである(爆)
勿論、最小限(気休め程度)のグリスアップは行った。

今現在、件のウィンドウバイザーは装着されたままになっているのだが。
煙草止めたし、デザイン的にも?だし
“何れ、近いうちに撤去かな。”そんな風に思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
JOEさんこんにちは。
確かにバイザーがネックになっている可能性大ですね。
過去に私も同じような経験があって撤去した事があります。
それでも内張り等を組み込むとまた少し重い感じになるのはご愛嬌でしょうかね(笑)
こ〜んず
2010/12/10 07:48
こ〜んずさん、こんにちは。

>それでも内張り等を組み込むとまた少し重い感じになる・・・

さすが経験者ですね(笑)
まったくおっしゃる通りです。
やっぱり根本的に修理(交換)しないとダメみたいですね。
JOE
2010/12/11 09:56
こんにちは、突然ですみません高野と申します。以前ブログで164Q4のワークショップマニュアルについて投稿されていたのを見つけて失礼を承知でお願いします。コピーで構いませんのでマニュアルを譲って頂きたいのです。もちろん料金はお支払いします。よろしくお願いします        アドレスはhsd2004g21@yahoo.co.jp です。 
JOE様 
2012/10/09 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
今となっては無用の長物? JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる