JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車いじりの続きと簡単なインプレを

<<   作成日時 : 2010/01/24 18:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日紹介した新しいブレーキであるBR-R650
早速取り付けてみた。

一応新しいブレーキワイヤーも用意したのだが、それ程傷んでいるような感じでなかったので今回は再利用。
したがって新旧交換はいたって簡単である。
ブレーキワイヤーのエンドキャップを外して5mmのアーレンキーでワイヤーをフリーにする。
そして同じく5mmのアーレンキーでフロントフォーク裏側からアクセス、ブレーキ本体を車体から外すという具合。
取り付けは、その逆の手順。
私の車輌の場合フロントフォーク・クラウンに厚みがあったので、ブレーキを固定する付属のナットでは短くて用をなさず元々付いていたブレーキのロングナットを使用した。


画像


画像


写真上が旧フロントブレーキで下が新BR-R650

画像


両方並べてみるとその造りの差は明らかである。

フロントと同様にリアも交換。

画像


画像


ブレーキ交換後にブレーキシューの角度や位置・クリアランス、ブレーキレバーの引きしろやワイヤーの張りを調整。
正味1時間くらいで完了。
後は少し走って微調整が必要なので走行しながらという感じである。

そしてその後約20km位走っての印象なのだが

まず良い所として
まさにブレーキ!(大袈裟な言い方だが)、今までのものは何だったんだろう?っていう位差がある。
技術もないのでそれほどスピードは出さないのだが、それでも私程度が出せる高速域からのブレーキングも非常に安心感がある。
変な音は皆無でシットリ且つしっかり効く感じ。
ロングアーチではあるが、今までのようなアーチがたわむという感じの剛性の低さというか不安は感じられない。
ブレーキシューの削れが少ないのか、フレームの汚れが少ない。
さすがに105と同等かアルテグラクラスと言われるだけの事はある。

気になる所は
前にも書いたのだが、唯一、その色がシルバーなので、何となく取って付けたような感じがする。(まあ、これは機能的な事じゃないし見慣れれば問題ないのかもしれないが・・・。)

と言った具合で性能的には不満なし。
交換後、今まで付いていたブレーキシューを確認してみた。

画像


写真でも判るのだが、シューはかなり削れており表面には何か金属のような物が刺さっている。
シュー自体に最初から練りこまれているものなんだろうか?(そんな事ある訳ないか・笑)
リムが削れているとも思えないのだが、これは一体何なんだろう?
思っていた以上にシューの状態が悪かったので、ブレーキの不満はこのシューも一因だったのかもしれないなどと後で思った。
ブレーキシューのみ交換っていう方法もあったんだろうけど、遠回りになるかもしれないし、今回は交換して良かったと思っている。
だって下手な自転車乗りに効かないブレーキじゃ最悪だものね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
自転車いじりの続きと簡単なインプレを JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる