JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり。。

<<   作成日時 : 2009/05/16 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

車も機械である以上、動かせば消耗するのは当り前であるが動かさないで置いておくのも決して良い事ではない。
そんな事を考えてはいながら、しばらく乗り出す機会が無かった164。

久しぶりに得意先へ行くのに乗り出してみた。
毎度の事ながらその道中はほとんど7割が高速道路。
しばらく動かしていなかった老体には妙なストレスが掛かる事も避けたいので丁度良い行程である。

自宅を出てR16を川越方面へ進みそこから関越道に入る。
新座料金所までの20分位は真ん中の車線をゆっくり。
速度は100〜110km/hくらい。
自分自身あまり敏感ではないけど、走りながら車の様子を窺うのはいつもの事。
音・臭いは勿論、五感を張りつめて、格好つけて言えばそのステアリングフィールというか。。
最近でこそあまり乗っていなかったがやはり自分の車。
同じ車じゃぁないけど、164との付き合いも既に10年を超えている。
少し乗ればすぐにいつもの感じが甦る。
新座料金所を出て外環道へ。
いつもの事なんだけど、ETCレーンを通り抜け、そこから一気に加速。
前方に遅い車がいる場合はそうも出来ないのだが、今日は少し楽しめた。

我ALFA164Q4の走りは至って快調。
2ヶ月ほど前記事にした『何かが起こっている』っていう事も心配なんだけど、その走りは本当気持が良い。
ALFA164乗っている、好きな奴は皆思うんだろうけど、乗るたびに“良いなぁ”って思う。
往復、僅か100km弱の道のりだけど楽しいひと時。

そんな素敵な相棒なのだが、また一つ問題を見つけてしまった。
前に書いたようにその走りは問題なし。
だが、走り以外の部分

『エアコン』

に問題発生である。
今頃の季節、さすがに日中の車内でワイシャツ・ネクタイでは暑い!
そうなると当然エアコンの出番である。
暑いのが大嫌いなので少し暑いとエアコン(笑)っていう感じである。
今日も車に乗った瞬間からエアコン始動。
ところが関越道に乗る頃になっても車内は何か暑い。。
元々、大して効かないエアコンではあるが、去年はもっと効いていた筈。
設定温度を低くしても同じ、風は出るのだが冷風ではなく生温い風。
エアコンスイッチを入れると“カツン”とコンプレッサーの作動音はするのだが。。

画像


マズイ、・・・かなりまずい。。
これから季節は夏に向かう。
本当に、本当に暑いのは嫌いなのだ。

思い起してみると、冬、2月だか3月のこと
まだ寒い時期、エアコンを使って車内を暖めようとした時に妙に暖かくなかった事があった。
やはり温度設定が効かない状態、生暖かいというか。。
そんな事があったのを思い出した。
既にその時に?

さて、何れにしてもこのままでは使えない。
しばらく様子見て・・・じゃ直る訳ないし
乗らなきゃって言えばそれまでなんだけどネ。
原因は何なんだろ?
やはりプロに見てもらうか。。

まったく困ったもんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
JOEさんこんばんは。
エアコンですか・・・
私も205GTI時代は3年間エアコン無しで過ごしました(笑)
ところで、ガス入って無かったなんてオチじゃないでしょうねぇ、405も毎年入れてますから(爆)
こ〜んず
2009/05/16 20:42
こんばんは、ご無沙汰してます。

冬季でも温度調整が上手くいかないって事は鬼門の外気混合用のフラップモーターですかね?
プラスチックのギアを金属の対策品に変更してなければ怪しいですねぇ。僕の場合は完全に開いたままの状態でギアが逝ってしまったので冬場に暖房が効かない(外気がもろに入ってくる)状態になってしまったので背に腹は替えられずステップモーターのワイヤーを切断しボンネットを開けて手動でフラップ切替をしています。164オーナーの10人に1人は経験があるのではないでしょうか(笑)
yossuie
2009/05/16 22:26
こ〜んずさん、こんばんは。

>ところで、ガス入って無かったなんてオチじゃないでしょうねぇ

うっ!・・・それあり得ます。。
今までガス漏れた事なかったのでまったく気にしてなかったんですがその可能性も有りです。
コンプレッサーだ何だって言う前に
“初心に戻ってまず点検”ですね!
ありがとうございます。
JOE
2009/05/17 22:56
yossuieさんこんばんは。

こ〜んずさんと言いyossuieさんと言い・・・
まったく頼りになる方々です(笑)
ちょっと書くとちゃんとそれぞれの意見、伝えてくれるんですから。。
本当、ありがとうございます!

yossuieさんのご意見のフラップモーターですが、症状・状況から言うと有り得ると思うんですけど、FL以降の後期モデル、つまりクライメイトが違う奴でもそう言った事例ってあるんですかねぇ?
ついフラップモーターの故障っていうとQVなんかの前期モデルをイメージしちゃうんですけど。
今現在イグニッション・オンでフラップの動く音はしているみたいなんですけどね。

まっ、取り合えずガスの点検が最初ですね(笑)
JOE
2009/05/17 23:09
こんばんは。

前期/後期のコントローラの違いはあれ、実際の可動部分(フラップ)の構造はeParや510さんのブログを拝見する限り同じに思えます。
ちなみに、僕の場合はフラップのワイヤーを押し引きするモーターギアがダメになったので云わばフラップが完全に固着した状態でした。一方、510さんの事例の様にフラップとワイヤーの連結部分の取っ手が割れるとこれも冷暖制御不能となりますが、後者はフラップが走行時の風圧で勝手にパカパカ動いてしまう事です。普通に街中を走行している程度ではフラップは閉まってますが高速等を走行すると風圧で勝手にフラップが開いてしまい外気とヒーターコアからの熱風が混合されて突如暖房モードになったり、速度が落ちると冷房(冷気)に戻ったりします。
エアコンガス点検の際にちょこっとバルクヘッドのカバーを開けて室内から冷暖の切替をしてもらいながらフラップの動きを見ればここの原因か否かは直に判ると思います。何にせよ大事に到らぬ事お祈りしています。
yossuie
2009/05/18 21:18
エアコン屋さん、紹介しよーか?
必要だったらいつでも連絡ください
笹本隆太郎
2009/05/19 17:07
yossuieさん、こんばんは。

丁寧な説明、ありがとうございます。
年式の違いさえあれ、前期型・後期型でそんな差があるはず無いんでしょうね。
ここのところ少しばかり忙しいので点検・確認も出来ないのですが自分でも一度確認してみようと思います。
JOE
2009/05/19 23:22
笹本さんこんばんは。

ありがとうございます。
後日、連絡させていただきます。
JOE
2009/05/19 23:24
やっぱり。。 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる