JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS おめでとう!

<<   作成日時 : 2008/11/24 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

自分くらいの年齢になると知人・友人関係のおめでたい席に出ることも少なくなるもの。
特に同年代の人間は既婚か、もしくはまったく興味が無い(その気が無い)か。
ここ数年では・・・一番最後は誰だっただろう?なんて感じである。

そんな昨今であるが、昨日、結婚披露会(親族・身内だけの)があって家族で行ってきた。
今回は知人・友人ではないのだが、女房の妹が結婚したのである。
女房には弟、妹がおり弟は既に結婚して別所帯(婿養子に)を構えており、今回残っていた妹がめでたく嫁いだという訳である。

披露会の案内をもらったのは一月ほど前であるが、滅多に電車で外出などしない我家。
“家族でどうぞ!”という誘いは嬉しいのであるが、にぎやかな子供達のこと電車内は勿論、宴の席でじっとしていられるかが問題であった。それほど畏まる席ではないし少人数の宴ではあるが、新郎側の親戚が来ている席なので、子供とは言えそれなりにしてもらわないとという気持ちはある。

当日、会場の上野までは電車で1時間ちょっと。
子供たちも行きの電車の中ではさすがに静か。
慣れない次女は到着する頃には少しお疲れの様子(笑)
会場に到着すると既に新郎側の親戚は集まっており、新婦側(義母・義弟家族・我家)親戚と合わせて
総勢20名で披露会は始まった。
今回は料理が中華のコース料理。
初めから分かっていたのではあるが、実は・・・この中華料理、あまり好きではなく。。。
特に変ったものは出されなかったのですが、普段から好き嫌いが多いのでどうも苦手で。
でもまぁ、次々と少しづつ出てくるのですぐに満腹でしたけどね(笑)
宴の方は新郎・新婦の紹介、挨拶の後に、親戚の簡単な自己紹介みたいなものがあって、あとはもうワイワイ・ガヤガヤ雑談状態。
女房も久しぶりに妹と会って楽しそう。年齢もひと回り近く違うのですが、やはり姉妹
体型の変らない妹を見て、「良いなぁ。私も○○くらい痩せたい!」なんて言っていたので、私は「食生活がまったく違うし、お前とは元(骨格)からして違うから絶対無理!」と言ってやりました。
大人は少しお酒も入った状態だったので、あっという間の2時間だったのですが、子供は・・・
案の定、後半飽きてきて離席&悪ふざけが目立ってきたので当然、一発食らわしました(笑)

義妹は10年程前に義父が亡くなり、残された義母と親子二人で暮らしてきた。
女房や義弟は早々に家を出てしまっているので、義母のことはこの妹にすっかりお願いしてしまったという感がある。婿養子に入った義弟は比較的頻繁に実家行っているようだが、女房の場合は実家にはほとんどご無沙汰。
言い訳になるのだが家業や子供のことでいっぱいいっぱいで、それこそ母親の事、妹に任せっぱなし。
義妹自身、勿論、不平不満一切口にしたことはないけれど・・・
でも多分、自身の親の事を考えると遠慮して出来なかった事多々あると思う。
宴の席での簡単な挨拶で母親が
「親思いの優しい娘です、どうぞよろしく・・・・」と言っていたが本当にそんな義妹である。
幸い、ご主人も優しそうな感じの人であった。

画像


義妹の嬉しそうな笑顔を見ていると、本当に良かったと。
末永い幸せを祈らずにはいられない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おめでとうございます!
一旦外に出てしまうと分かっていてもなかなか協力出来ないんですよね。
末永くお幸せに〜
こ〜んず
2008/11/24 19:57
おめでとうございます。
我家でも先週義姉が結婚しました。
身内だけのこじんまりでほのぼのとした披露宴といい、なんかパターンが似ていますね?

で、JOEさん、
花嫁姿観てうるうると涙流したりしたんでしょ?
笹本隆太郎
2008/11/25 18:24
こ〜んずさん、こんにちは。

ありがとうございます。

>一旦外に出てしまうと・・・
確かにそうでしょうね。
それぞれ皆、その環境の下では中々実家の事まではね。うちの場合は女房、車運転しないのでどうしても実家に行く場合は私頼り→私の仕事の都合で滅多に行けない
という構図になってしまってます。
でもこれから義母も年を取ることですし、もう少し気を遣ってあげる必要もあるのかもしれませんね。
JOE
2008/11/27 10:44
笹本さん、こんにちは。
ありがとうございます。
こういった身内だけの披露宴も時には良いものですよね。大人数だと新郎側・新婦側って完全に分かれちゃって話する人も限られちゃいますからね。

>花嫁姿観てうるうると涙流したりしたんでしょ?
実は少し。。
JOE
2008/11/27 11:00
おめでとう! JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる