JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れていた感覚

<<   作成日時 : 2008/10/14 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

先日預けた406は相変らず戻ってはおらず・・・

少し前に連絡が入りパーツが入荷したとの事。
ウェザーストリップの交換及び前回から頼んであったフロアマットの交換が作業内容なのですが、雨漏りが完治しない限りフロアマットの交換は意味がありません。
ですから今回はウェザーストリップ交換作業後に入念なテスト、そしてフロアマット交換という順序。
もうしばらくは代車生活です。

前回、預けた時は急だったせいもあり代車はT社のPLATZ。
車体が小さいのはともかく妙にステアリングが軽く、う〜ん・・普通に言えば乗り易いのかもしれませんが、個人的にはまったく乗る気がおきない代物でした。
今回、再度預けるにあたっても勿論代車は必須。
出来れば少し大きめの車を用意して欲しいという儚い希望はありました。
2度目の雨水の浸入時にはかなり呆れて「今回は、代車も注文つけてやろう!」なんて思っておりました。
ところが、肝心の406の引取りの時はちょうど外仕事で外出。
406の引取りに関しては電話で話し、代車の件も確認するとプジョーを置いて行くという展開。
何か小さいやつみたいで心配だったのですが、帰宅して駐車場を見ると・・・案の定小さいやつ、306でした。

考えてみると、まぁ、代車にワゴンを用意しろっていうのは無理な話でしょうし。
小さいながらもプジョー(借りられただけでもマシか・・・とも)
折角借りたので、少し走ってみようと。

借りたのはPeugeot306 Style (Premium) という車。

画像


なぜ(Premium)なのかというと・・・よく判らないからです(笑)
でもちょっと調べてみると、パワーウインドウやアルミホイール、フォグランプやらの装備が付いているのがその特徴みたいなので、恐らくそうじゃないかと。。
ボディーカラーが濃いブルー(チャイナブルーっていうのか?)ということもあって、小さいボディーが余計小さく見えます。
右ハンドルでミッションはAT。

画像


その他操作系は406と同じような感じなので特に戸惑いはありません。

画像


変ったところではホーンスイッチがウィンカーレバーの先端にあります。
試しに押してみたところ・・・“プア〜ン”と情けない音が。。
多分、二系統音階があるホーンだったらどちらかが壊れているのかと。

あとメーターパネルの中に変ったインジケーターを発見!

画像


回転計(タコメーター)の中にあるやつ。
イグニッションひねるとパカっと点灯してしばらくすると消灯してるんです。
前にスカGジャパン(ノンターボ)に乗っていた時、BOOST計ってのが付いていましたが、その位不明なんですけど、
これもついでに調べたら、油量計兼油温計らしいです。
エンジン始動直後は油量計で後で油温計として働くみたい(←何かスゲー!)

内外装についてはこんな感じです。
そしてその走りはというと、正直、あまり期待はしていませんでした。
実際乗るまでは、オーナーの方には失礼なのですが“プジョーの安物の小型車だろうし大した事ないじゃん。”と思っていました。

ところが走り出すと意外とこれが良い!
走り出しも軽いし60km/h位からの中間加速もちょこっとアクセルペダルを踏むとスーッと加速する。
ATも多分ウチの406と同じAL-4というものだと思うんですが、また違った感じでスムース。
タイヤの空気圧の関係(見た感じちょっと甘い)もあると思うんですけど、ステアリングのタッチは少し重め。
でも、切れ方は悪くないです。
大き過ぎない軽量のボディーと2Lという排気量がピッタシ。
身の丈と合ったというか、非常に乗り易い車です。
借り物なので無理は出来ませんし、そもそもインプレなんて無理ですけど(爆)、総体的に気に入りました。

306乗っていて、何か懐かしいというか・・・昔、こういった小型車が好きだった事思い出しました。
A112やPandaみたいな小さいの。
小さな車で目一杯の力を出して走るやつ。
さすがに後部座席は少し辛いですけど。。
実際15分位乗っていたら・・・気持ち悪くなっちゃいましたから(笑)
でも子供乗せたりする必要なくなって、夫婦二人とかだったら良い選択かもしれません。
今はちょっと大きめの164乗ってますけど、“またいつの日か・・・”なんてネ(笑)

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
JOEさん、こんにちは
406は、大変ですね。
車の問題というより、サービスの問題でしょうか。
お察しします。

>306
いや〜、良いですね、306。
スタイル的には大好きなんですが、コンポーネントも仏車らしさ満載なんですね。
ホーンボタンの位置も、怪しい油量/油温計もかつて仏車に備えられていた伝統の片鱗ですよ。
ルノーもシトロエンも80年代〜90年代の仏車はみんなそんなもんのようですよ。
乱暴な言い方をしてしまうと、205のガワを張り替えたのが306ですから、良い意味で古さが残ってるんでしょうかね。
そういう意味でも、年式の割にPandaやA112の時代に似た雰囲気を持ってるんでしょうね。

長々と失礼しました。
記事を拝見していてなにやらうれしくなってしまいました。
やっぱラテンの車は楽しいですね。
うらやましい限りです。
NM
2008/10/14 15:08
NMさんこんばんは。

さすがNMさん!お詳しいですね。
この大きさのPeugeotですと306位までが良くも悪くもそれ以前の踏襲と言いますか・・・素人目に見てもそんな感じがします。
そのスタイルもパッと見では地味な感じもしますけど、細部を観察すると中々スタイリッシュなハンサム君ですし。
いろいろな意味で406とはまた違った魅力のある車ですね。
あと一週間くらいだと思いますが、Peugeot306楽しんでみようと思ってます。



JOE
2008/10/14 23:30
うんうん。普段大きい車に乗っていて、たまに小さいのに乗ると楽しいですもんねー。
プジョーも306や206ぐらいのサイズが楽しそうです。現行の308や307、207はでか過ぎです。
oku
2008/10/15 00:59
306は手頃なサイズの足クルマにはいいですよね。
油量計やホーンは405も同じです、ちなみにホーンはエクザンティアやZXでもあの位置なんですよ。
こ〜んず
2008/10/15 12:16
okuさん、こんばんは。
>たまに小さいのに乗ると楽しいですもんねー。

そうですよねー。
おっしゃるように普段大きめなの乗ってて乗り換えると、余計そう感じます。
何か自分の身体のように自在に操れるというか。
306位の大きさまでが楽しめるのかもしれません。
確かに新しいのはちょっと大きいですからね。
JOE
2008/10/17 00:22
こ〜んずさん、こんばんは。
306は乗ってみて、本当意外でした。
スタイルとかの好き嫌いは勿論ありますけど、実際にハンドル握らないで傍から見ているだけじゃ判りませんね。

ホーンの位置に関しては、聞いたことはあったんですけど実物は初めてでした。
あの油量計、405にも付いてるんですかぁ。
次回お目にかかる時は405、じっくり観察させていただきますネ(笑)
JOE
2008/10/17 00:30
忘れていた感覚 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる