JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 406、諸々

<<   作成日時 : 2008/09/01 21:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて406が我家に来てそろそろ1ヶ月。

遠乗りはしてませんが、頻繁にチョコチョコと。
普通の車なので走る・曲がる・止まるという事に関しては戸惑いは全く無いのですが、細かいところがイマイチ理解出来ておりません。
何か訳の判らないスイッチが付いていたり。。
その都度、いちいち取り説出して確認するのも面倒なので確認してみました。
まぁ、素人がちょっと走った感想とその他諸々書いてみます。

走り出すと一番最初にステアリングの重さに気がつきます。
ちなみにタイヤサイズは164と全く同じで205 55/16というサイズ。
比較してみるとこれが意外、164より少し手応えは重いというくらいです。
個人的には軽すぎるより手応えのある・・・どちらかと言うと重めの方が好みなのでこれは○。
ただし女性や年配者など、今まで軽めのステアリングタッチに慣れている人には少し手応えがありすぎるかも。

次にATミッションの事。

画像


これは見た感じどこにでもある普通のシフトノブ&ゲート
ゲートの左側にスポーツ・スノー・1というモード切替のスイッチが付いていますが、一般的な4AT。
通常は何のスイッチにも触れる必要もなくDの位置で走行。
Dの位置で走り出すと勝手に変速してゆく訳ですが、ここでちょっと。
これも一つの特徴だと思うんですけど、その変速のタイミングは微妙。。
学習機能つきATということで運転状況・道路状況・車輌の積載状況などでその状況に合ったシフトタイミングが自動的に選択されるという事なのですが、今の私の乗り方ではその変化がつかめておりません。
普通に街乗りで走った感じでは全体的にシフトアップが遅い感じで2→3はまぁまぁなんですけど3→OD(4)は車速が60km/h以上(正確ではありません)でないとシフトしない感じです。
ですから街中でのゴー&ストップという走り方では?かも。
そんな感じなので慣れるのに少し時間がいるかもしれません。
そして逆にそんなシフトパターンのせいかエンジンブレーキが非常に良く効きます。
速度に関係あると思うんですけど走行中アクセルオフ、ブレーキを踏まなくても短時間でかなり速度が落ちます。
これも個人的好みなんですけど、私自身一般的なATがどうしても馴染めません。
空走時間・空走距離が長い(アクセル離してもスーっと出ていってしまう)のが恐いのでこの406のATは気に入ってます。
さらにATの特徴の一つのクリープが弱いです。
勿論ATなのでクリープはあるのですけど。。
これはRのポジションの場合だけかもしれませんが、例えばほんのちょっと前下がり(角度で言ったら5度以下くらいの傾斜)の場所でリバースにという場面。ブレーキ踏んでRに入れアクセル踏むまでの瞬時、一瞬車が前へ出てしまいます。
この位の傾斜の場所なら普通のATの場合ブレーキ離した時点で後さがりますよね?
アイドリング時の回転数の関係もあるのかもしれませんが、見たところそれほど低くはありませんし・・・ちょっと注意って感じです。
総じて406のATミッションの印象は、どちらかと言うとMTっぽいATって感じでしょうか。


エンジンは、

画像


2.0L 4気筒DOHC16バルブ
エンジンルームも結構スカスカ。
比較対象にはならないかもしれませんが、164の3.0L V6、特に24vのQ4ではまったく地面が見えません(笑)

さてこのエンジン、2.0L DOHC16Vなどと言っても実際は非力に感じてしまいます。
車重も1,360kgあるので仕方が無いのかもしれません。プジョーでも他グレード、例えば206なんかの小型ハッチでは同じエンジンでも5速MTとその車重(406よりも300kg近く軽い)の軽さと相まってかなり軽快な走りが楽しめるみたいですけど。
でも欧州の大衆車の多くがそうであるように実際に数値的には大した事はありません(というかかなりショボイ)
同排気量でもレガシィの殆ど半分です。
普通に走っている時には感じないのですが、やはり高速や登り坂などの場面では特にそれを感じてしまいます。
先日、高速道路走行時、緩やかな登りの場面で速度が落ちてしまったので「エイッ!」とアクセルを踏み込む場面がありました。
こちらも感覚的にキックダウンというとガクンとギア落ちてバーっと加速と思っていたのですが、406のその加速は・・・(笑)
踏み込み方に問題があったのかもしれませんがその加速はまったく大人しいもので、「エッ、何?・・・」という感じ。。本当に瞬時に加速したい時にはどうなの?って心配になっちゃいました。

次に乗り心地

これは一言で言えば秀逸。
そう感じるのはサスペンション、バンパー、タイヤ特性など様々な要因が絡み合っての事なんでしょうけど、多分そのシートの良さが大きいんじゃぁないかと。
私自身プジョーは初めてで「以前のはもっと良かった!」って言う意見も聞きますが、それでもシートの造りには昔から定評のあるフランス車。
古めのイタリア車ばかり乗ってきているので余計感じるのかもしれませんが、さすがに良いと思います。
決して退屈で眠くなるっていう事じゃありませんが、乗っていて楽です。

画像


406のフロントシート
座面はサイドサポート部分の出っ張りがなだらかに丸くなっていて乗り降りは非常に楽。
シートは柔らかいのですが適度に張りがあり、かと言って固すぎず・・・?(笑)
実際に座ると案外しっくりきます。
車の性格の違いでしょう、下の写真の164のシートと比べてみるとその形状の違いが良く判ります。
164の場合はバケット形状に近いものがあります。

画像


リアシートも同様です。

画像


画像



確かに164は書類上5名定員ですが実際は4名ですね。
真ん中使用は無理があります。
ところが406は・・・中央部分に窪みもなく無理なく座れます。
これなら後部座席3名乗車十分可能です。

今まで遠出はしていませんが総合的な私の中での評価は○です。
購入前に持っていたイメージ通り。
つい動力性能に目を向けちゃいますけど・・・(笑)
そんな車じゃないですしね。

細かい使い方、訳の判らないスイッチについてはまた次回にでも。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ATですが、納車時にリセットしてもらいましたか?
していないのでしたら前オーナーの癖がついている可能性大なのでリセットをお勧めします。
4速にはそのくらい出さないと入りませんので街中では3速ATと変わりません、ZXや前期のXantiaでは70キロ以下では3速のままですから(苦笑)

エンジンはまぁそんなもんです(爆)

シートは405には全然かないませんがフラ車の味は残っていますね、モケットなら更にいいです。

スイッチは気にしなくても大丈夫でしょう(爆)
こ〜んず
2008/09/02 12:56
>こ〜んずさん
何時もどうもありがとうございます。
ATリセットに関しては、私、結構うるさい方なので・・・(笑)多分やってるとは思いますが確認してみます。

>ZXや前期のXantiaでは70キロ以下では3速のままですから(苦笑)

噂には聞いてましたがXantiaもそうですか。。
60km/h以上と書きましたが、多分同じでしょうね。
年式が多少新しいですけどやはり『406』ですからね(笑)
詳しくは判りませんが、405・406、407の変遷ってアルファだと155(75)156・159みたいな感じなんでしょうかね?
だとすると406ってちょうど156ってところでしょうか、アルファだと。

自分の中で406はそんな位置付けです(笑)

でもまぁ、たとえアルファ156でもプジョー406でも判らない事ばかりなのは事実ですから。。
また情報(というか現実)をお願いしますネ。
JOE
2008/09/02 23:36
406、諸々 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる