JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS 気のせいかもしれないけど・・・

<<   作成日時 : 2008/08/17 18:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やっと世間のお盆休みも終わり。
ここ数日は特に一般道がガラガラで。
個人的に結構忙しかったので助かりました。

ところで最近、大型トラックの事故って多くないですか?
交通事故は毎日どこかであるだろうし、ただ単に報道のせいかもしれないけど。

ちょっと前の首都高5号線でのタンクローリー横転事故は未だに通行止めの区間があります。
幸いにも人の生命に関わる事故じゃなかったですけど、その修復・交通・物流への被害は甚大ですよね。
その後も、首都高で作業中の車輌へトラックが突っ込んでその弾みで作業員の人が挟まれて亡くなったり、千葉だったか停車中の乗用車にこれまたトラックが突っ込んで亡くなった人がいました。
そして一昨日。
環七でのタンクローリー横転。
この事故はタンクローリーの過失というよりも他に事故を誘発する要因があったみたいですけど。
下敷きになった乗用車の助手席の少年が亡くなってます。
まだ14歳だったと。。
家族で墓参りに行った帰りの事故だったみたいです。

車、運転するって?
大きな車、小さな車大きさまったく関係なく運転には危険はつきものですよね。
人間対車、絶対に人間負けます。
つまり俗に言う『車は走る凶器』、本当にそう思います。
普段、仕事・プライベート、何気なく車使ってますけど本当に気を遣います。
注意して注意して。
それでも、どうしても避けられない事故ってあると思うんです。
だから本当に注意して。
大多数の人がそうやって運転していると思うんですけど。。

でも、
中にはそうじゃない人もいるみたい。認識の浅い人。
時々見かけるんですけど運転しながらの携帯、中には雑誌・新聞見ながら運転なんて。
飲酒も未だに。。
大きい小さいには関係ないって先に書きましたけど、大型トラックなんかでこれやられたら・・・考えただけで怖ろしいいです(実際、やっているの時々見かけます)

今回取り上げた事故は多くの場合が前方不注意。
前、見てないって事です。
運転しながら、それも大型トラックを。
止まっている車に突っ込むんですから。
そんなのが運転している車に突っ込まれて死んじゃうなんて・・・亡くなった方、家族の気持ちを想像すると本当に無念で、泣けてきます。

運転手本人の過失以外にも過労とか
物流・運送関係の仕事はわからないのですが、我々の想像以上の過酷な労働条件のところもあるみたいで一概に運転手だけを責める事も出来ないでしょうけど・・・でも自分が被害者もしくはその家族だったら絶対に運転手責めるし恨みます。
だって、どんな状況でも誰にも他人様の命奪う権利なんてないのですから。

何かここ最近の交通事故の報道聞いててそんなこと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は山形に来る前まで運送業だったのですが、確かに最近の事故には???となる事が多いです。
辞めた理由が過酷な労働条件を是正しようとして(運行管理者だった)会社と対立したからなので余計に疑問を感じます。
当時ですらそういった問題があったのに、規制緩和で加速度的にネガティブな要素が目立ってきているのも確かだと思います。
でも最後は運転している本人ですからね、大型だろうが乗用車だろうが、いつでも人を殺せる凶器になりうるクルマを自分が動かしているって事をすべてのドライバーは肝に銘じて(私も)運転するべきですね。
こ〜んず
2008/08/17 21:40
>こ〜んずさん
こんにちは。
ご無沙汰しちゃいましてすみません。

車運転する事が職業の人たちには私たち違う業界の人間には判らない難しい問題があるんでしょうね。
でもおっしゃるように、車の大きさに関係なくその利便性の裏側の危険性もよく知っていないといけませんよね。
JOE
2008/08/21 15:29
気のせいかもしれないけど・・・ JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる