JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS なるほど、こんな方法もあるんだ〜、その2

<<   作成日時 : 2007/09/23 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

壊すのを覚悟でやれば抜けない事もないのですが、それでは能がありません。

ここで、先に書いたYさんから頂いた「裏側のピン外せば簡単ですよ〜!」という言葉の意味が判りました。

画像


この部分なんですが、樹脂製の止め具の上に小さなピンが付いています。
観察してみると、ピン・樹脂製の止め具、その下にスプリングという構造になっているのが判ります。ここを軸に表側のエンブレムが動くわけです。

画像


このピンを外す為に樹脂製止め具を下に押し下げます。
中にスプリングが入っているので少し力を加える必要がありますが素手で十分。
止め具を押し下げピンをずらすと・・・

画像


こんな感じにバラけます。

画像


後は裏側からエンブレムの突起部分を押し出してやると、ユニット部分とエンブレム部分が完全に分離します。この時エンブレムとユニットの間に1本スプリングが入っているので注意します。

画像


これでキーシリンダーを抜き取るという面倒な作業はせずにエンブレム交換が可能です。
実際、悪戯などによるキーシリンダー破損なのもありますが、エンブレム部分が傷んで交換という事が大多数。
その場合はキーシリンダー部分は無傷の場合が殆どだと思いますのでそのまま。
で、この方法が使えるわけです。
折角交換するのであれば付属している新品パーツのユニット裏側に付いているのゴム製ガスケット位は交換しても良いかもしれません。
恐らく164ではどのモデルもこの方法でいけると思いますが、他のアルファでは未確認ですので作業は自己責任でお願いします。

今回このパーツを弄る機会があったので出来た事で決して偉そうな事は言えませんし、
個人的には複雑な機関系・駆動系はとても手を出せませんが、この位(私にも出来るくらい)のDIYは誰でも出来るんじゃないかと思って紹介してみました。

トランクエンブレム傷んでいる方、いかがですか?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>JOEさん
本当にお世話になります。
そこまでやったんだったらどーぞそのエンブレムは差し上げますから使ってください(笑)
510190
2007/09/23 09:42
510さんこんばんは。

>そこまでやったんだったら

いやー暇があったものでつい・・・(笑)
でもこの間の解体の手伝い、510さんには申し訳ないのですが本当に勉強になりました。
実際自分でバラしてみて初めて判る事が多いです。

>どーぞそのエンブレムは差し上げますから使ってください(笑)

”エッ?良いんですか。。
それではお言葉に甘えて”って(笑)
他もありますので、一緒に請求して下さいネ。
JOE
2007/09/23 21:11
なるほど、こんな方法もあるんだ〜、その2 JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる