JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS デントリペア・・・職人のプライド

<<   作成日時 : 2007/08/30 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先日、旅先で貰ってきたお土産(ドアパンチ)は意外なほど目立ち・・・

遠目に3メートル位離れたところからでも確認出来るほどでした。
車なんて飾っておく物ではありませんし、乗れば知らないうちに傷も付くものです。
それは重々承知なんですが、今回のはチョットいただけません。。
気になりだすと、もう・・・(笑)
実際、自慢のピニンデザインのプレスライン上でかなり目立ちます。

洗車の話と前後してしまうのですが、
早速、以前凹みを自分で直そうとしてボコボコにした時にお世話になったIさんの所に泣きつきました。
Iさんはデントリペアのプロでこの道5年以上。前回もかなり酷い状態を殆ど判らない位完璧に直してくださいました。

ガレージにお邪魔し患部を見せると・・・Iさん見るなり「エグイやられ方ですね〜・・プレスラインの上で一番やり難い場所ですけど、やってみましょう!!」と。
本当、嬉しい一言でした。

さて、実際の作業はヘコミの大きさ・深さ・場所でかかる時間・費用も違ってきます。
私の場合はへこみの大きさが約3センチで深さはまぁ、一般的なドアパンチの深さ。
ただ場所がプレスライン上ということで、若干時間・費用も多くかかってしまいます。
Iさんの作業前の見積りだと13,000円。
これ、安いと思いますが、多分私が2回目ということもあってサービス価格かなという気もします。

画像


写真、緑印の所がへこみです。
ウインドウガラスとボディの間から専用治具を入れていきます。
そして治具が患部に到達、Iさんの手(指先)が少し動くと・・・
驚く事に一瞬でへこみの半分位が出てきています。
何か化かされているような気分ですが、事実です。
さらに同じような作業を根気良く繰り返すと、へこみは一見判らなくなります。

ここまでやると素人目にはほとんど判らなくなる訳ですが、ここからが職人技です。
特に今回のような場所ですと、丹念に何度も何度も少しずつ少しずつ、押し出してはポンチを使い出過ぎたところを押し戻してゆくという作業が繰り返し行われます。

画像


デント専用のライトは一見蛍光灯のようなのもですが、それに何本かのストライプが入っている板状のものが付いていてその光り(ストライプ)を患部に当てて歪みを確認・調整していきます。
作業を開始して小一時間経った頃、Iさんから「これ、少し跡が残っちゃうかもしれません。。どうしても中心部分が出てこないんですヨ・・・」という言葉。
以前お願いした時にも聞いたのですが、アルファロメオ(欧州車全般)は硬いんだそうです。
比較して今日の日本車などは”ペコペコ”だそうで、治具を片手で軽く動かしただけでヘコミが出てくるそうですが、アルファはダメだそうです。
両手で何度やってもダメで、これ以上力を加えると表面の塗装が割れてしまう可能性が高いとの事。(←患部の場所の関係が大きいと思いますが)
最近アルファ147を修理したそうですが、164の場合さらに硬いそうです。
まぁ、硬いから万が一の事故の場合どうこう・・・ということは関係ないと思いますし十数年前のアルファと現行車輌を比べるのもどうかと思いますが、結構しっかり出来ているんだなぁと。。

この後気を取り直してしばしチャレンジしていただきましたが、どうしてもIさん納得のゆく仕上がりにはなりませんでした。
最終的にはIさんの「どうしてもこれ以上は・・・」という言葉で作業終了。

とはいえ、仕上がりはヘコミが有った事は殆ど判らない状態。

画像


オーナーの私が目を凝らして見るとそれは確認できますが、他人様ではまず判りません。
そして料金を支払う段になって、Iさんから「今回は、料金は結構です!!」と驚愕の言葉が。

一流の職人・その道のスペシャリストとしてのIさんのプライド、というか・・・
勿論、商売としてやっている以上顧客の満足を得る事は一番でしょうが、それ以上に自身の中で納得出来ない仕事(出来栄え)であることが許せなかったんだと思います。
この状態まで1時間以上。猛暑のなか屋外ガレージでの作業です。
汗だくになりながら作業していただきました。

此方としては完璧ではないにしろ、仕事相当の料金は取ってくれと言ったのですが受け取っては頂けませんでした。
でもこのままでは私の気持ちとしても何か引っかかるものがあったので、このすぐ後に仕事用のレジアス・エースを持ち込みデントリペアをお願いしてそちらで料金を取っていただきました。

今回はこんな感じで修理を完了しました。
何の商売でも一緒だと思うんすが、自分の仕事に拘りをプライドを持ってやっている人の仕事は一流、そしてそれが自身の成長に繋がり顧客の満足に繋がる。
そういう商売の仕事の基本、根幹を改めて思い出させる出来事でした。

そうそう、ちょっと宣伝になってしまいますが、お世話になったデントリペアの店を紹介しておきますネ。

『デントクラフト狭山』さん
日本車から輸入車までOKです。
現在は都合で土曜日・日曜日のみの作業になっているようですが、ボディのヘコミでお困りの方は相談してみる価値はあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こういった技術が急激に進化している事は小耳に挟んでおりましたが、具体例を見るとやはり驚きです!
うちの子も見てもらおうかな?
ペペロン
2007/09/02 23:06
ぺペロンさん、こんばんは。

デントリペアってここ10年位でしょうか。
以前じゃ板金塗装しかありませんでしたけど、本当スゴイですよネ。

>うちの子も見てもらおうかな?

ぺペロン号はそんなヘコミ有りました?
でもこれで完璧にやってもらっちゃうと、かえって神経質になっちゃうかもしれませんヨ(笑)
JOE
2007/09/02 23:24
いやね、自分は気にしてないんですが、、、
いるんですよ、気にする人が(汗)
その人の方が気になるわけです(笑)
ペペロン
2007/09/02 23:41
デントリペア・・・職人のプライド JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる