JOE's Blog 気がつけばイタリア車!

アクセスカウンタ

zoom RSS やっつけてきました!のつもりが・・・

<<   作成日時 : 2006/09/05 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この間からの案件『電子制御式可変ダンパー』の事です。
朝から工場にお邪魔してきました。
左側は既に先週土曜日に交換済で、残る右側の交換に立ち会ってきました。

早速、不良箇所を外し新旧部品を比べてみると・・・

画像


こんな感じです。
特に変った様子も無く。一体何が違うのか?っていう。
以前書いた様な(予想)、ロッドの長さの変化もほとんどありません。
どちらかと言うと古いほうがロッド、長いような感じです。
以前書いた、ロッドが縮んでしまっているのでは?という憶測ははずれでした。
これって???と思ってメカの人に聞くと、長さはともかく組んで実際少し動かしてみると全然動きが違うという事でした。
どういう訳か古い部品は縮まろうとする力が凄く強く、スプリングを付けて動かしてみるとダンパーの縮まろうとする力とスプリングの伸びようとする力の相乗効果で、上下ベアリングに大きな負担も掛かります。特に下側の黄色いプラスティック製ベアリングは既に使えない状態でした。凄く硬く、音もゴリゴリって・・・

ところが新しい部品では組むと音は勿論出なくなり、動きもスムーズ。
理由は判らないのですが恐らく古い部品はダンパー内部が破損、その為上記のような状態になってしまったという事です。(憶測ですが、以前の整備でダンパー上部にある内部ボルトを外す時にインパクトを使った為の破損ではないかと・・・結構硬いんでインパクト使う業者さん多いらしいです)

さらに、これ車検の時に指摘されていたんですけど・・・

画像


このブッシュ、咬んじゃってます!!(赤丸印)

画像


こりゃねえだろ〜って感じです。
内部にグリス入ってるので破れればアウトです。
原因は外して、組む時の順番の違い(作業時間の短縮の為?)のようです。

画像


本来こんな感じです。
この後、交換したダンパーを組み付けます。

画像


で、ほぼ作業完了と思ったら・・・

つづく



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
やっつけてきました!のつもりが・・・ JOE's Blog 気がつけばイタリア車!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる